飯マンガ

台風も自分のいるとこでは大したこともなく、窓を開けてても静かなもんです。

さて、いろんな漫画を読んできている自分ではございますが、去年ぐらいから急に飯マンガを読むようになってきました。高級な飯ならうまいのは当然。それよりも普段食うレベルの飯をいかにうまく紹介しているかが自分のいいか悪いかの判断でございます。

今回消化しますのは「ワカコ酒」。アニメにも、ドラマにもなっているから比較的有名ではないかなと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワカコ酒(1) (ゼノンコミックス) [ 新久千映 ]
価格:606円(税込、送料無料) (2018/9/30時点)

 

楽天で購入

 

 

一話完結型で、主人公が気の向くままに居酒屋に行って、お酒と一品のおつまみでぷしゅーっとする話になります。定番のおつまみもあれば、変わり種もたまにある。なによりも、盛り上がりもあまりなく、のんびりと酒とおつまみを楽しむというのに、自分ははまっています。

これに限らず、食マンガはいろいろとあるわけで、自分好みのものを見つけるのもお勧めします。この手の漫画は、発行スピードも遅いので金銭的負担もないし、レシピタイプの漫画を読んで、自分で作ってみるのもまた乙なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です